あいうべ体操

先日ホワイトニングのために行った歯医者さんで発覚した、「口ぽかーん」問題!
無意識のうちに口が開いていて、口呼吸になっている可能性があるとのこと(>_<) 口が開いている状態だと、舌の位置も正しくなく、様々な悪影響があるそうです。 口が開いている

口の中が乾燥していく(唾液も少ない)

口臭・いびき・歯石が付きやすい・虫歯になりやすい・歯が着色しやすい
etc・・・

あと、舌の位置が正しくない人の特徴として、
あごがたるみやすい」とのこと。

う~~ん、良いこと無しです。
私もせっかく歯医者さんでホワイトニングをした歯をきれいに保っていたいので、改善する体操を教えてもらいました。

その名も「あいうべ体操
医師の今井一彰先生という方が提唱していて、本も何冊も出版されています。

まずは大きく「あ」の発音
この時に、舌が前に出るのではなく、下がっている状態にするそうです。
私は、これが最初は全然できませんでした。

何度も先生と一緒に「あーー」と大きく口をあけるのですが、
どうしても舌が前の方に出てしまうのです^_^;

繰り返すうちに、なんとなく喉を意識して発音するようにしたらできてきました。

次に口を横に「いーー」とします。
続けて、口をとがらせるように「うーー」

最後に、舌を“あかんべー”の時のように思い切り出しながら「べーー」です。

これを先生と一緒に10回しましたが、結構顔の筋肉を使います。

そして口を閉じると・・・

あれ?!舌が上あごにぴたっとついてる!!

それが正しい位置なのだそうです。
確かに、口もぴったり閉じている感じもするし、唾液が出てきます。

まだ始めたばかりで、この状態に違和感がありますが、
簡単ですし、続けていこうと思っています(*^^)v

Facebookページにご参加ください

美人研究所ではたるみやシワ・シミに関するアンチエイジングの裏ワザや美容部員でしか分からない情報を日々配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ