湯シャン生活8ヶ月

湯シャン生活も8ヶ月経過しました。

春から始めて、一度は挫折したものの再開してからは一度もシャンプーを使うことなく今に至っています。
心配していた夏も、汗をかいても意外と平気なことが分かり、海外旅行も湯シャンで大丈夫でした!

今では美容室に行っても
「私、湯シャンなのでシャンプーなしで流すだけでお願いします。」
と平気で言えるようになりました(*^^)v
最初はものすごーく抵抗があったのですが、強くなったものです(笑)

秋になり、冬が近づいてきたこの時期に気になるのが“乾燥”です。

顔のお肌も乾燥すると、カサカサになり、皮膚がめくれて粉をふいたようになることありませんか?

私は超乾燥肌で、冬は特に肌が敏感になってしまいます。
暖房にはエアコンやファンヒーターを使うことが多いので、部屋の空気はいつも乾燥状態。
洗濯物が乾くのは良いんですけどね(^_^;)

顔の肌が乾燥しているということは、同じように頭皮も乾燥していると思うのです。

ですので、夏の間に湯シャン時に使っていた綿手袋を今は使うのをやめています。
そして、シャワーの温度も熱くしたいところをグッとこらえて夏場と同じ温度で使用しています。

実は、寒くなり始めた時に数日間、シャワーの温度を熱めに設定ていたら、乾燥してサラサラのフケが出てしまったんですね(>_<) これはきっと乾燥しすぎのせいだ! と思い、すぐにお湯の温度を元に戻したらフケも出なくなりました。 一口に湯シャンと言っても、 元々のその人の髪質や頭皮の肌質などによって、合うやり方が違うように、
季節によっても多少変化させていく必要があるんだと思います。

季節が一巡して、来年の春になったら、また違う方法に変わっているかもしれませんしね(^^)

では、最後に湯シャン生活8ヶ月の私の今の髪の状態です。

湯シャン8ヶ月

触ってもべたつきは全然ありません。
むしろ少し乾燥気味でパサパサすることがあります。
表面の髪よりも、内側の髪の方がツヤがあって状態が良いように感じます。

今後も乾燥に気を付けながら、湯シャンを続けていきます(*^_^*)

Facebookページにご参加ください

美人研究所ではたるみやシワ・シミに関するアンチエイジングの裏ワザや美容部員でしか分からない情報を日々配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ