マッサージは逆効果! リフトアップは上から下へ

リフトアップしたい
小顔になりたい
たるみや・しわをなくしたい

30代以上の女性なら誰しも思ったことがあるはず。
そして、そんな悩みを解消するために日々顔のマッサージをしている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

でも実はそのマッサージが逆効果だったとしたら?!

一般的なマッサージは、顔の筋肉を力を入れて下から上に引き上げるものが多いです。
筋肉や骨にぐりぐりと力を加えたりする場合もあるので、とても痛いです。

『痛いからこそ効いていそう』
なんて思われるかもしれませんが、これが実は大きな間違いなのです。

力を加えるマッサージは、薄い顔の肌を気付つけてしまい、刺激が強すぎてシミの原因になることもあります。
また、筋肉は力を加えることで収縮し硬くなります。
そうなってしまうと、血液の流れ・リンパの流れが悪くなり、ますますむくみやすく大きな顔になったり、かえってたるみを引き起こしてしまうのです。

間違った方法を続けてしまった方の中には、顔がゆがんで、極端に左右非対称になってしまった方もいます。
この方は、気持ちまで暗くなってしまったといいます。
せっかくきれいになりたくて頑張っていたマッサージで顔がゆがんでしまってはとても悲しいですね。

正しい“小顔ケア”で必要なのは、強い刺激ではなく、弱い刺激です。
どのくらいかというと、顔をなでる時に、皮膚が動かない程度の弱さです。

しかも、なでる方向は上から下!

鎖骨のリンパ節には、全身を巡ってきたリンパ液が最終的に集まっていきます。
お顔のリンパ液や老廃物なども、その鎖骨のリンパ節へ流れてめぐりが良くなれば、むくみが取れて小顔になりますし、
フェイスラインもすっきりし、まぶたのむくみも取れてパッチリ目になります。

顔、首、肩の老廃物やリンパ液を鎖骨へ向けて促すので、方向は『上から下』が正しいのです。

これを応用すれば、ちょっとしたメイクの時にも小顔ケアができます。

例えば私は、メイクでファンデーションを塗るときに上から下へスポンジやブラシを動かします。
スキンケアの時も同様に、化粧水や乳液をつける方向も上から下です。

もっと詳しく知りたい方は、私が出演したこちらの動画もご覧になってください。

Facebookページにご参加ください

美人研究所ではたるみやシワ・シミに関するアンチエイジングの裏ワザや美容部員でしか分からない情報を日々配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ