ヒップアップにもエクササイズも筋トレもいらない

バストアップは、エクササイズや筋トレをしなくても、
筋肉をゆるめればOKということを書きました。

→バストアップにはエクササイズも筋トレもいらない

これはヒップアップにも同様のことが言えます。

こちらの写真は、1回のケアでのビフォー・アフターです。
 ヒップアップ 美人研究所

後ろから見たお尻のビフォーは、四角くて“のぺーー”っとした感じ。
アフターでは丸みが出ています。

横から見るとさらに良く分かりますね。
お尻の一番高いところがアップすると、私の短い脚も少しは長く見えるでしょう(笑)

では、ヒップアップケアのご紹介です。
お尻の場合は骨盤が関係してくるので、
まずは骨盤ケアをすることをおすすめします。

開いたりゆがんだりしている骨盤をケアするには、
骨盤ベルトのようなもので締め付けたり、バキバキボキボキと痛い思いをしたりする必要はありません。

『シェー体操』という体操で骨盤が立ち上がり、ヒップアップにもつながります。

『シェー体操』なんてふざけた名前ですね(笑)
30代以上の人には分って頂けると思いますが、あのマンガのキャラクターのポーズが名前の由来です。

ケアの方法はこちらの動画をご覧ください↓

このケアによって、骨盤が立ち、大腰筋や腸骨筋といった筋肉がゆるみます。
ヒップアップのためだけではなく、腰痛ケアや、産後の女性の骨盤ケアとしても役立ちます。

次に、脚とお尻の筋肉をゆるめていきます。
こちらの動画では、主に脚のケアとして紹介していますが、
お尻の方までなで上げると、ヒップも上がります。

2つの動画をご覧いただいて分かる通り、激しく動くわけでも、お尻の筋肉に負荷をかけるわけでもなく、
ただただ、お腹のお部屋(腹腔)を拡げて、筋肉をゆるめているだけです。

こうすることで、結果的にヒップアップになると考えてもらえればOKです。

プリンと引き締まったお尻はパンツでもスカートでも素敵に着こなせますよね(^^)/

Facebookページにご参加ください

美人研究所ではたるみやシワ・シミに関するアンチエイジングの裏ワザや美容部員でしか分からない情報を日々配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ