しわ取りクリームを塗る前に

おでこのしわ、目尻のしわ、下まぶたのしわ、ほうれい線、首のしわ・・・

年齢と共に増えたり深くなったりする悩みの種ですよね。
鏡を見るたびに、「あ~、また増えてる(-_-;)」なんて気分も暗くなります。

しわというのは、多くの方が皮膚表面の問題だと思って、一生懸命にクリームを塗ったりマッサージをしたりしています。
でも、実はしわの原因は皮膚の下にある筋肉の収縮だ、というのは以前の記事にも書いています。

例えば、写真のようなシワシワの葉っぱがあるとします。
皆さん、どうやってこの葉っぱのしわを取りますか?
a0002_011366

葉っぱの表面に、クリームを塗ったりマッサージしたり・・・しませんよね(^_^;)

葉っぱの中の水分が減ってシワシワになっているわけですから、水を与えてあげれば水分が行き渡り、
しわのない、みずみずしい葉っぱに戻ります。

a0960_000642
私たちの皮膚も同じで、そもそも皮膚というのは排せつ器官ですから、表面から塗られたものを吸収するようにはできていないのですね。
「どんどんしみこむ!」とか「浸透力が違う!!」とかの化粧品の宣伝文句に騙されてはいけません(笑)

皮膚の下にある筋肉が縮んでいることで、表面の皮膚がしわになっているんです。
その縮んでいる筋肉をふんわりとゆるめてあげることをすれば、
筋肉は水(=間質リンパ)を吸い込んでふっくらとし、おのずと皮膚がピーンと張り、シワがなくなります。

体の中のお水の流れ(間質リンパの流れ)が良いことは、しわ予防やしわ解消にもつながるんですね(*^^)v
ハリも出ますし、くすみが取れて顔色も明るくなります。
お高いしわ取りクリームなんて、使わなくて良くなってしまいます。

もちろん、筋肉のふっくらした状態を作ってから、表面から少し油分を補ったりすることで、さらに美しいお肌を保つことはできます。

私が開催しているセミナーのデモンストレーションでは、参加者さんのほうれい線などがあっという間に消えるので、とても驚かれます。
筋肉をゆるめることに、力はいらず、上から下へなでるだけ!

この“上から下”というのも、今までの常識と反対のようで驚かれますが、筋肉の付いている方向を知れば納得です。

シワが気になるなら、クリームやマッサージよりも、お顔の筋肉をゆるめてふっくらさせてあげましょう♪

Facebookページにご参加ください

美人研究所ではたるみやシワ・シミに関するアンチエイジングの裏ワザや美容部員でしか分からない情報を日々配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ