ほうれい線予防がいつでも簡単にできる方法

一気に老け顔になってしまうしわ・・・ほうれい線!!
「ブルドッグライン」なんていう風にも言われていますよね。

疲れが溜まっている時、寝不足が続いた時、飲み会の次の日などなど、
「いつもよりほうれい線がくっきりだわ~~(>_<)」 なんてことはありませんか? そうそう、夕方に鏡を見てほうれい線の深さに「ドキッ」とした経験は30代以上の女性なら誰にでもありますよね。 今回ご紹介するのは、化粧品も道具も使わずに、いつでもどこでも簡単にできて、効果がすぐに分かる“ほうれい線ケア”です。 【ほうれい線と関係がある筋肉】

まずは、ほうれい線と関係のある口の周りの筋肉について。
唇の周りにあるのが“口輪筋(こうりんきん)”
口角から顔の外側に伸びているのが“笑筋(しょうきん)”
口角からあごに伸びているのが“口角下制筋(こうかくかせいきん)”
特に3つ目の口角下制筋が下垂するといわゆる「ブルドッグライン」ができます。

【ケア方法】
①口を『ニッ』とさせて口角を上げ、口の端を中指で優しく押さえます。
この押さえた部分が、ちょうど口輪筋と笑筋と口角下制筋のつながっているところ(結び目)です。

②口角を押さえているのとは反対の手で、耳たぶと顔の付け根をつまみ、優しくクルクルと回します。

これを繰り返し、反対も同様に行うだけ。簡単です!
片方が終わった時に、鏡を見てみてください。
口角に触れていた指を離しても、口角が上がったままならOKです。

CCF20140213_00000

【ポイント】
もしも、うまくいかないときはポイントがずれているかもしれません。
①口角に添える指先には力を入れない。本当にそっと触れるだけでOK。
②耳たぶをぐるぐる回さない。弱~い微振動を感じる程度で行うのがコツです。
③口や歯を軽く開けて行う。噛みしめている状態で行っても筋肉はゆるみません。

この簡単ケアで、口角をキュッと上げて、ほうれい線とも老け顔ともサヨナラしましょう!

Facebookページにご参加ください

美人研究所ではたるみやシワ・シミに関するアンチエイジングの裏ワザや美容部員でしか分からない情報を日々配信しています。
Facebookページに「いいね」を押す事により常に新しい情報が届きます。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ